導入事例

Vol.5

チャットボット導入からわずか3ヶ月で問い合わせ総数の約10%を削減 —— 大和リビング入居者様向けWEB「my D-room」

大和リビングマネジメント株式会社 経営企画部 CSグループ グループ長 山田 哲也様

ー「my D-room」とは?ー

入居後の生活がより快適なものになるよう、入居者様向けに様々なお得情報や住まうための情報が満載な入居者様専用マイページです。暮らしに関わるあらゆる情報を確認できる便利サイトというだけでなく、各種お申し出から手続き完了までをWEB完結させていくことで、入居者様のお手間も軽減できております。今後もお問い合わせ(緊急案件を除く)は、当サイト経由(WEBフォーム・チャット)でいただけるよう推進していきます。

ー入居者様の満足度と応対効率どちらも向上させたいと考えていたー

入居者様からのご依頼やご相談の窓口として、24Hコールセンターによる「電話受付」や、「my D-room」内のFAQで対応しており、解決できなかった方へは「WEBフォーム応対」をご提供しております。
入居者様の満足度を向上させる重要ポイントは即時解決性であると考え、「チャット応対」の導入検討をするだけでなく、AI(人工知能)を活用した自動回答で夜間応対の充実を図りたいと構想を練ってきました。

ーツールを「OK SKY」に選んだ決め手は?ー

高精度なチャットボットサービスであると確認できた点と、空色担当者様と今後のビジョン及びチャレンジ意識の共有ができたことで、構想の具現化ができると確信したからです。

ー導入からわずか3ヶ月の実績で、問い合わせ総数の約10%を削減ー

直近2018年6月のデータで、チャットボットご利用数が問い合わせ全体の約13%を占めており、そのうちの82%がチャットボットで回答完結させています。
チャットボットの自動対応により問い合わせ総数の約10%を削減することができました。
今後もチャットボット利用者様を増やすことで、即時解決への効率化を進めます。

ーAI(人工知能)やIoTを暮らしの中に融合させていく未来ー

今後も発展していくAIやIoTを暮らしの中に自然に融合させ、様々な連携強化を継続しながら、入居者様に生活の豊かさを感じていただくことです。

もっと詳しく知りたい方は

Facebookで最新情報を見る